ダート1800Mを題材で説明した図により、A〜Dのラップ指数が、どの部分のラップを指数化したものか、ご理解頂  けたと思います。では、次にA〜Dのラップ指数のひとつずつに焦点を当てて、どのように表示されるかを説明してみたいと思います。
 A FH3f 指数
 下図のレースは、前半3Fが速かったレースです。
 前半3Fの速さを表すFH3F指数に注目すると逃げた3番ニシノレースメイクのFH3F指数+5、
 10番キャプテンシラユリのFH3F指数+2となっており前半3Fで逃げ争いをした事を表してます。
 中間あたりでは徐々に流れが落ち着いた為、レースのペースとしては平均ペースとなります。

 

 

 

 

 

 

3番ニシノレースメイクの馬柱
(青枠内がFH3F指数)

 レースのペース  平均ペース (補正前指数欄に白色で表示)
 タイプ(3F地点) H:速い
 タイプ(5F地点) M:平均
 B FHP指数
 下図のレースは、前半3Fから5Fにかけて速かったレースです。
 ペース基準と比較した速さを表すFHP指数に注目すると逃げた6番ディープアイのFHP指数+6と厳しい
 流れで逃げた為に、それを追いかけたFHP指数がプラスの馬達が巻き込まれて潰れています。
 レースのペースとしてはハイペースとなります。

 

 

 

 

10番オリオンシリウスの馬柱
(青枠内がFHP指数)

 レースのペース  ハイペース (補正前指数欄に水色で表示)
 タイプ(3F地点) H:速い
 タイプ(5F地点) F:超速い
 C LH3f 指数
 下図のレースは、前半3Fからスローで上り勝負(後半3F)になったレースです。
 後半3Fの速さを表すLH3F指数に注目すると勝った6番オリエンタルカーンのはじめ上位馬の
 LH3F指数がプラスであるように後半3Fで良い足を発揮できた馬が、連対したのが分ると思います。
 レースのペースとしてはスローペースとなっております。

 

 

 

 

 

6番オリエンタルカーンの馬柱
(青枠内がFHP指数)

 レースのペース  スローペース (補正前指数欄にクリーム色で表示)
 タイプ(3F地点) S:スロー
 タイプ(5F地点) S:スロー
 D LHP指数
 下図のレースは、前半超スローで、中間からペースアップしたレースです。
 後半の追い上げの速さを表すLHP指数に注目すると勝った3番ビコージェネラルをはじめ上位馬のLHP
 指数がプラスであるように中間から後半にかけて良い脚を発揮できた馬が、連対したのが分ると思います。
 レースのペースとしては超スローペースとなっております。 

 

 

 

 

 

3番オリエンタルカーンの馬柱
(青枠内がFHP指数)

 レースのペース  超スローペース (補正前指数欄にクリーム色で表示)
 タイプ(3F地点) $:超超スロー
 タイプ(5F地点) L:超スロー
 タイプ(加速地点)   残り5Fから加速