LH3f指数とは?


【LH3f指数】=後半3Fの速さを数値化

 

アルファベースでは【走破基準タイム】だけではなく、【FHP基準タイム】【LHP基準タイム】など、各指数ごとに基準タイムを設けてあります。

 

数多くの標準ペース〜スローペースのレースを分析し(超スローは除く)、先行馬が走破基準タイムをクリアするために必要とするあがり 3Fタイムを解析した値で【LH3f基準タイム】が構成されています。

 

そして【LH3f基準タイム】+【実走タイム】+【馬場差】とを比較計算 したものが【LH3f指数】になります。

 

標準〜スロー(超スローは除く)の流れで、後半勝負のあがりの速いレースで優秀なLH3f指数を発揮した実績のある馬の活躍が目立ちます。

 

※ (アルファベース出馬表では[+plus]および[FULL]でのみに記載されます)

 

 

2006年6月4日東京6Rダート1600m(16頭立)より

 

06年6月4日東京6Rはペースを握る馬が見当たらずスローで 流れ、あがりの速い決着になりました。

 

上図のサヨウナラ(1番人気)とフロムアップランド(2番人気)とシュウザンアイ(8番人気) は出走馬中、優秀なLH3f指数を発揮した実績がある馬の上位3頭でした。

 

1着 B サヨウナラ(1人気) 馬 連 03-11

¥590円

2着 J フロムアップランド(2人気) 馬 単 03-11 ¥1,200円
3着 F シュウザンアイ(8人気) 3連複 03-07-11 ¥3,780円
 

LH3F指数の高い馬の効果的な狙い方

 速いあがりを必要とされる平均〜スローペースの時にLH3f指数の高い馬を狙うことが的中への近道です。
 

ワンポイント!

逃げ馬不在やペースを握りそうな馬の ペース表示がクリ−ム色ならLH3f指数の高い馬を狙おう!

 
 

BACK