Alpha-BASE_2008+plus表記説明

Alpha-BASE+plus出馬表は、 基本的な表示形式についてはAlpha-BASE(通常版)と変わりありません。
ここではAlpha-BASE独自の数値説明をします


上記はカネヒキリ・ジャパンカップダート出走時の馬柱です。これを使って表記事項の説明いたします

 

 ※ Alpha-BASE通常版との違い

 下図の赤枠内の5つのラップ指数と@Bの3つのレースタイプと赤枠内(補正前指数背景色)
 のレースのペース表示の9項目です

 A欄のFH3F指数は通常版にも入ります

 2走前・3走前のように海外・地方レースに出走の場合は指数が0で表示されます

 

下記は前走の馬柱です

ペース色

FH3f指数

ブックマーク1

T.ラップ指数説明

FH3f 指数

 前半3F通過時の速さを数値化

基準値は一般的なクラス平均値に設定してあるため、レースを先導する馬の目安となりやすい

FHP指数

 スタート〜中間(走破タイム−後半3Fタイム)地点までの速さを数値化

基準値は各クラスの最も厳しい部分に設定してあるため、プラスの場合は厳しいペースを経験した事を表す  高いFHP指数 をマークし惨敗した馬は激走する可能性がある

LH3f 指数

 後半3Fの速さを 数値化

後半勝負になるレ−スでは、LH3F指数が高い馬の好走が目立つ

LHP指数

 中間〜ゴール(走破タイム−前半3Fタイム)地点までの速さを数値化

レース中盤以降の追い上げ能力を表し、ペースに左右されず安定し た末脚を使えるかの目安となる  渋ったダートでは、LHP指数高い馬の好走傾向がみられる

※ 1300M以下は表示なし

LH3f 評価

 後半3Fの速さ (瞬発力)を数値化

基準値は各クラスの最も厳しい部分に設定してあるため、プラスの場合は一瞬のキレを発揮したことを意味する  高いLH3F評価指数 を持つ馬はスローペースで好走の傾向がみられる

HP1F

 中間ラップの1F(200M)平均 値を表示

走破タイムから前後半3Fを引いた中間部分の平均1Fラップを表示

※ 1300M以下は表示なし

 

U.レースタイプ 説明 (各通過ラップでのペースが 記されます )

@ レースタイプT 3F地点のペース
A レースタイプU 5F地点のペース

:超超速い :超速い H:速い  :平均 :スロ− :超スロー  :超超スロー の7段階で表示

 
B レースタイプV スローの場合、残り何ハロンからレースが動いたかを表示

残り3ハロンから動いた場合は3 残り4ハロンか動いた場合は4と表示されます


ラップ指数を、ダート1800mに当て嵌めると、以下のようになります

※クラス間によるラップ指数の差について

昇級した馬(又は降級した馬)の前走のラップ指数は、昇級前(又は降級前の)でのラップ指数となっております。
下記は、各クラス間のラップ指数の差です。ただ、あくまでも目安だと捉えて下さい。

競馬はラップが速くなくても勝てば良い訳ですからラップ指数に表れずらい余裕で勝った馬が昇級した場合、
昇級初戦でもラップを大きく詰めてくる馬もいるからです。

1.1000M〜1300M

FH3F、FHP              = 3ポイント差
LH3F、LH3F評価          =
 5ポイント差

2.1400M

FH3F                 = 3ポイント差
FHP                    = 5ポイント差
LH3F、LH3F評価、LHP     
= 5ポイント差

3.1600M〜

FHP、LHP                         =10ポイント差
LH3F、LH3F評価           =  同一