木下健のレベルにの高いレース講座HOME
プロフィールブログ

 

■ 「ドカンラップ理論」とは

 
   小倉競馬1200Mレースでの馬券攻略法。
 小倉競馬のラップタイムを調べている際に、ラップタイムの変化の少なさに気付く。
 通常、競馬開催が進むにつれ、芝が傷みそれがラップタイムに反映されるが、小倉競馬の場合
他の競馬場に比べ極端に少なくラップタイムが安定している。
 「なんで夏の小倉の芝レースは、開催が進んで芝が傷んでも、時計が遅くなれへんねん?いったいどないなってるんや?」という疑問から小倉競馬場を徹底的に調べた結果、幾つかの要因が浮かび上がってきた。
 まずは使用されている芝※1、そして他の競馬場では類を見ない「土中潅水装置」※2等、芝が傷みにくい要因を見つけ出し、さらに小倉競馬場のコース特性から、3〜4コーナーの「スパイラルカーブ」もレースに大きな影響をもたらす要因であることを発見。
 まさに、小倉競馬1200Mをピンポイントで狙った攻略法である。

※この「ドカンラップ理論」は中京1200Mにも関連性があるので
  詳細はバックナンバー06.3月号をご参照ください。
※1(詳しくはバックナンバー06.2.3.8月号をご参照ください
※2(こちらも詳しくはバックナンバー06.2.3.8月号をご参照ください)
   
「ドカンラップ理論」中京編バックナンバーへ
※1.2掲載バックナンバーへ

 


Copyright(c) e-logic Inc. All rights reserved.